background

しみ・赤ら顔・肝斑

当院のしみ治療

しみやそばかすを光で治療

IPLという特殊な光を照射することで、しみなどの原因であるメラニン色素を分解。分解されたメラニンは少しずつ表皮に向かって浮かび上がり、ターンオーバーの働きによって老廃物としてはがれ落ちます。広範囲に点在するしみやそばかすの改善に効果が期待できます。

毛細血管拡張症に効果的

毛細血管が拡張したまま元に戻らなくなり、皮膚から透けて赤ら顔に見える状態になります。これを「毛細血管拡張症(赤ら顔)」といい、体質や生活習慣によって発症します。IPLでの光治療は、毛細血管拡張症にも効果があり、光を照射すると直後から症状の改善が期待できます。気になる症状がある方は、ご相談ください。

Nordlys(ノーリス)

Nordlys(ノーリス)

IPLという光を照射して、しみや赤ら顔を改善に導きます。この治療器は光を広範囲に照射できるため、そばかすの治療にも適しています。IPLを使った治療は、加齢によるしみの改善効果が期待でき、赤ら顔の一因でもある毛細血管拡張症には絶大な効果があります。
IPL治療の最大のメリットは、ダウンタイムをほとんど必要としないことにあります。効き目が穏やかなので、お肌への負担が少なく、光照射による熱を低減する装置のため治療中の冷却も必要ありません。安全性が高く、続けて治療しても安心です。
しみ治療の場合、1回の施術では効果の実感が難しいため、お肌のターンオーバーに合わせて5回程度の施術をお勧めします。
副作用として個人差はありますが、疼痛・発赤・浮腫/腫脹・熱傷・痂皮形成・水泡・炎症後色素沈着・色素脱失・軽度の瘢痕形成といった一過性の症状が出ることがあります。

ダウンタイム不要だから試しやすい

ダウンタイム不要だから試しやすい

IPL光治療は、お肌への負担を抑えて治療するため、穏やかに効いていきます。治療後に赤みやほてりなどを引き起こすことが少なく、ダウンタイムもほとんどありません。施術後すぐにメイクをして帰ることも可能です。施術を続けることで、少しずつ効果を感じるようになります。

このような方にお勧めです

  • しみが濃くなってきた
  • そばかすが増えてきた
  • 頬や鼻の毛細血管が浮き上がって見える
  • お顔全体がほてったように赤い

メリット・デメリット

メリット

  • ダウンタイムがほとんどありません。
  • しみ、そばかす、赤ら顔の改善が期待できます。

デメリット

  • 妊娠している方、光過敏症の方、過度に日焼けをしている方などは治療を行えません。
  • 効果を実感するまでに複数回の治療が必要です。

治療期間(回数・期間・ペース)

ダミーテキスト

当院の肝斑治療

肝斑は内服薬と外用薬で治療

「肝斑(かんぱん)」はしみの一種で、両側の頬を中心に出現します。しみは紫外線の影響を受けてつくられますが、肝斑には女性ホルモンが関わっているといわれ、そのメカニズムは解明されていません。しみ治療で用いられるIPLなどの光治療では効果が認められないため、内服と外用での治療になります。

各種内服紹介

~トラネキサム酸~
1日3回、1回1錠内服
抗プラスミン作用によりメラニン生成阻害ならびに抗炎症作用があり、女性の頬にできることの多い肝斑に効果的です。

【副作用】
止血作用に伴い血栓形成のリスクの高い基礎疾患がある方、妊婦、ピルやホルモン剤による治療中の方には血栓を生じるリスクが高まります。

~ビタミンC~
1日3回、1回1錠内服
ビタミンCには抗酸化作用、コラーゲン生成促進作用、メラニン生成抑制作用があります。

【副作用】
むかつき、吐き気、下痢、尿管結石のリスク増加の可能性があります。

~ビタミンE~
1日3回、1回1錠内服
ビタミンCと相乗効果があり、しみ・色素沈着の改善効果があります。

【副作用】
胃のむかつき、下痢、口の渇き、軽度の腹痛などを生じる可能性があります。

しみ治療では「隠れ肝斑」に注意

しみ治療では「隠れ肝斑」に注意

肝斑の診断は難しく、しみの奥に肝斑が潜んでいることもあります。こうした「隠れ肝斑」は、しみの治療後に現れる可能性もあるため、しみを治療する際には、その後の経過も確認しながら治療を進めることが大切です。

治療での注意事項

治療前の注意

  • 施術の前には日焼けしないよう日常生活にもご配慮ください。

治療後の注意

  • 施術後も日焼けはしないようご注意ください。
  • 施術した部位には摩擦や刺激を与えないようお気を付けください。
  • 施術後は保湿剤などを使って十分に保湿してください。
  • お顔の場合は、お肌の状態を確認して赤みがなければメイクをしてお帰りいただけます。

未成年の方へ

お子様の場合、部活動などで日焼けのコントロールが難しいケースも考えられます。未成年の方が施術をご希望される場合は、保護者の方と同席のうえでカウンセリングを行います。施術でも保護者の方がお付き添いください。

施術の流れ

  • 1カウンセリング・診察

    初診時には、医師がお悩みをお伺いします。
    治療や施術、料金についてご説明し、施術を希望されましたら1回目の予約を入れていただきます。予約状況により、当日施術が可能な場合もございます。

  • 施術の準備

    2施術の準備

    洗顔をしていただきます。クレンジングや洗顔料は用意していますが、ご愛用のものがよい場合はご持参ください。
    アクセサリーや腕時計などは外してください。

  • 施術スタート

    3施術スタート

    肌を保護するジェルを塗った後、光を照射していきます。施術中は輪ゴムではじかれるような感覚があるという方もいます。
    肌の状態や痛みがあるかを確認しながら進めますので、気になることがあればご遠慮なくお知らせください。

  • 4アフターケア

    ジェルを拭き取って、終了となります。トラブルが起きていないかを確認します。痛みや赤みなど気になることがあれば、ご相談ください。

料金

YAG(レーザーシャワー) GentleMaxPro

部位 価格
(税込)
施術頻度 施術目安となる回数
全顔+首 ¥17,600 1ケ月に2回 制限なし

※効果の表れかたには個人差があります。

YAG(スキンタイトニング) GentleMaxPro

部位 価格
(税込)
施術頻度 施術目安となる回数
全顔 ¥17,600 1ケ月に2回 制限なし

※効果の表れかたには個人差があります。

IPL光治療

料金(税込)
全顔 ¥17,600
¥9,900

※施術1回の料金となります。

フェイシャルIPL

部位 価格
(税込)
施術頻度 施術目安となる回数
全顔 ¥17,600 1ケ月置きに1回 最低4回
¥9,900

※効果の表れかたには個人差があります。

毛細血管拡張症治療・老人性血管腫

料金(税込)
ワンショット(90㎟) ¥3,300

毛細血管拡張症治療・老人性血管腫治療

部位 価格
(税込)
施術頻度 施術目安となる回数
ワンショット ¥3,300 1ケ月置きに1回 最低4回
ミリ数 90㎟

※効果の表れかたには個人差があります。

肝斑内服薬

料金(税込)
トラネキサム酸(30日分) ¥3,300
ビタミンC(30日分) ¥2,200
ビタミンE(30日分) ¥2,200

肝斑外用

料金(税込)
トレチノインクリーム(0.025%)5g ¥2,200
トレチノインクリーム(0.05%)5g ¥3,300
HQクリーム 5g(5%) ¥2,750
ビタミンCローション 50㎖(10%) ¥2,860

院内製剤外用薬は、肌荒れや赤味が出たり刺激を感じることがあります。
ご使用の前に医師の診察が必要となりますので、十分に説明を受けてからご使用ください。

未承認機器・医薬品の掲載に関して

トレチノイン

未承認医薬品等である事の明示 トレチノインは未承認機器・医薬品です。
入手経路等の明示 国内メーカーより入手しています。
国内の承認医薬品等の有無の明示 日本国内において同一の性能を有する国内承認製剤はありません。
諸外国における安全性等に係る情報の明示 諸外国で重篤な安全性情報の報告はありません。

入手経路等の明示
(※) https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/health_damage/overseas_report/index.html

HQクリーム

未承認医薬品等である事の明示 HQクリームは未承認機器・医薬品です。
入手経路等の明示 国内メーカーより入手しています。
国内の承認医薬品等の有無の明示 日本国内において同一の性能を有する国内承認製剤はありません。
諸外国における安全性等に係る情報の明示 諸外国で重篤な安全性情報の報告はありません。

入手経路等の明示
(※) https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/health_damage/overseas_report/index.html

ビタミンCローション

未承認医薬品等である事の明示 ビタミンCローションは未承認機器・医薬品です。
入手経路等の明示 国内メーカーより入手しています。
国内の承認医薬品等の有無の明示 日本国内において同一の性能を有する国内承認製剤はありません。
諸外国における安全性等に係る情報の明示 諸外国で重篤な安全性情報の報告はありません。

入手経路等の明示
(※) https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/health_damage/overseas_report/index.html

治療内容 老人性血管腫
治療期間 1回照射(照射直後に茶色に反応し、しばらくすると瘡蓋となり剥がれ落ちます。)
リスク・副作用 レーザー照射時にゴムで弾くような痛みがあります。
料金 税込3,300円(ワンショット)
老人性血管

照射前

【老人性血管腫】1回照射後

1回照射後

毛細血管拡張症

治療内容 毛細血管拡張症
(Nordlys PR 530 アプリケーター)
治療期間 3ヶ月間(3回)
リスク・副作用 内出血、肌の赤みや腫れなどを生じることがあります。
料金 税込52,800円(IPL全顔)
毛細血管拡張症(Nordlys PR 530 アプリケーター)

治療前

3回治療後

3回治療後

表在性色素斑

治療内容 表在性色素斑
(Nordlys VL 555 アプリケーター)
治療期間 2ヶ月間(2回)
リスク・副作用 炎症性色素沈着で一時的に濃くなる事があり、アフターケアを十分に行う必要があります。
料金 税込35,200円(IPL全顔)
表在性色素斑(Nordlys VL 555 アプリケーター)

治療前

2回治療後

2回治療後

毛穴改善

治療内容 毛穴改善
(Nordlys PR 530 アプリケーター)
治療期間 1回照射(2ヶ月後経過)
リスク・副作用 効果を実感するまでに複数回の治療が必要です。
料金 税込17,600円(IPL全顔)

よくある質問

Q どのくらいの痛みがありますか?
A エネルギーの光で治療するため、若干の痛みや熱を感じる可能性があります。照射中にパチパチと輪ゴムで軽く弾かれるような刺激を感じる方もいらっしゃいます。
Q 副作用はありますか?
A IPL光治療の場合、敏感肌や肌が弱い方は、赤みやほてり、腫れなどの症状が起こる可能性があります。個人差がありますので一概にはいえませんが、症状が出た場合は冷やすと軽減します。施術経過や副作用については、事前に医師にご確認ください。
Q 何回の治療が目安ですか?
A 個人差がありますが、月に1回のペースで、5~6回程度の施術を必要とするケースが多いようです。
Q しみと肝斑は、どうやって見分けるのですか?
A 肝斑はしみの一種ですが、そのほかにもしみには種類があります。具体的なしみの種類は、医師が診察して診断します。

※施術および投薬に伴うリスク・副作用に関してさらなる情報提供を希望される場合やご質問等ございましたら、
お問合せフォームまたはお電話にてお問い合わせください。